BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)8月2日付
「好天少雨」傾向

秋田北地方、7月の気象
 
日照時間、7月史上5位以内の多さ

 気象庁が1日まとめた秋田北地方主要3地点7月気象統計によると、大館市、北秋田市鷹巣、鹿角市のいずれも月間日照時間が同月の観測史上5位以内に入る多さだった。これに対して月降水量はともに同10位以内の少なさで、「好天少雨」傾向に。

<大館> 月間日照時間は平年を39.2時間上回る183.2時間にのぼり、平成元年(1989年)の195.8時間に次いで7月の観測史上2番目に多かった。これに対して月降水量は平年比103.9ミリ減の111.5ミリにとどまり、同観測史上8番目に少ない。うち19日は、月全体の4分の1余を占める29ミリを観測。月平均気温は平年を1.3度上回る23.2度で、26日には今年最高の33.5度を観測した。

<鷹巣> 月間日照時間は平年を40.7時間上回る193.8時間にのぼり、同月としては平成元年の195.3時間以来30年ぶりに190時間を超えた。7月の観測史上では平成19年(2007年)の195.9時間、平成元年に続いて3番目に多い。月降水量は平年を119.7ミリ下回る96.5ミリにとどまり、同観測史上6番目に少なかった。うち19日の25.5ミリと12日の23ミリで月全体の約半分を占めた。月平均気温は、平年を1.1度上回る23.2度。

<鹿角> 月間日照時間は平年を29.5時間上回る183.7時間にのぼり、7月の観測史上4番目に多かった。月降水量は平年を88.3ミリ下回る98.5ミリにとどまり、同観測史上10番目に少ない。月平均気温は平年を0.4度上回る21.9度と、大館、鷹巣に比べて平年差が小幅だった。 (午前零時)

平成21年以降の過去10年間と今年の秋田北地方主要3地点(大館市、北秋田市鷹巣、鹿角市)の7月気象統計

平均気温 左から今年、平成30年、29年、28年、27年、26年、25年、24年、23年、22年、21年 ()は平年

日照時間 左から今年、平成30年、29年、28年、27年、26年、25年、24年、23年、22年、21年 ()は平年 降水量 左から今年、平成30年、29年、28年、27年、26年、25年、24年、23年、22年、21年 ()は平年
大館 23.2度/24.3度/24.1度/22.4度/23.2度/23.4度/22.6度/22.8度/24.0度/24.2度/21.8度(21.9度) 183.2時間/136.9時間/173.4時間/170.9時間/155.1時間/177.9時間/91.4時間/167.3時間/162.9時間/98.7時間/89.5時間(144.0時間)

111.5ミリ/192.0ミリ/235.5ミリ/160.5ミリ/201.0ミリ/227.0ミリ/403.2ミリ/222.0ミリ/124.0ミリ/320.5ミリ/473.5ミリ(215.4ミリ)

鷹巣 23.2度/24.2度/22.3度/23.0度/23.4度/22.6度/22.6度/23.8度/24.0度/21.7度(22.1度) 193.8時間/144.6時間/178.3時間/165.5時間/167.2時間/98.1時間/171.2時間/186.2時間/104.4時間/90.3時間(153.1時間)

96.5ミリ/188.5ミリ/119.0ミリ/189.5ミリ/227.5ミリ/362.0ミリ/210.0ミリ/124.5ミリ/300.0ミリ/461.0ミリ(216.2ミリ)

鹿角 21.9度/23.3度/21.3度/22.2度/22.3度/21.7度/22.1度/23.1度/23.4度/21.3度(21.5度) 183.7時間/152.6時間/185.3時間/161.0時間/186.6時間/102.2時間/175.4時間/153.5時間/105.6時間/100.1時間(154.2時間)

98.5ミリ/191.0ミリ/117.0ミリ/202.5ミリ/149.5ミリ/374.0ミリ/222.0ミリ/91ミリ/397.5ミリ/361.0ミリ(186.8ミリ)

※このページには広告を掲載しております。