BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)8月1日付
秋田北地方勢の活躍に期待

県小学校クラブ野球15日開幕
 
組み合わせ決まる

 

 第50回県小学校クラブ野球記念大会兼第42回スポーツ少年団大会「ナイスカップ2019」(県スポーツ少年団など主催)が秋田市の八橋球場で15日に開幕するにあたって1日、組み合わせ抽選会を行った。秋田北地方勢は前回、3チーム中2チームが4強と8強入りをそれぞれ果たしただけに、開催50年の節目を迎える今回はさらなる活躍が期待される。

 同大会には県内11地区から秋田市4チーム、大館北秋田、大仙仙北各2チーム、鹿角、能代、山本、男鹿、南秋、本荘由利、横手、湯沢雄勝各1チームのあわせて16チームが出場。15日午前8時からの開会式を経て、19日の予備日を除く20日まで熱戦を繰り広げる。

 秋田北地方からの各地区代表は、大館北秋田1区が北陽スリーアローズクラブ、同2区が鷹巣JBCクラブ、鹿角地区が八幡平フェニックスクラブ。

 秋田市で1日午後行った組み合わせ抽選会の結果によると、秋田北地方勢は鷹巣JBCクラブが15日午前11時から花館ドッカーンズ野球クラブ(大仙仙北地区第2)と、北陽スリーアローズクラブが16日午前10時半から仁井田野球クラブ(秋田市地区第1ブロック)と、八幡平フェニックスクラブが同日午後2時半から秋田グランディールクラブ(同地区第4ブロック)とそれぞれ1回戦に臨む。

 ちなみに、前回の秋田北地方勢は大館北秋田2区の米内沢・前田が4強、同1区の城西が8強にそれぞれ進出し、3チームそろって初戦敗退した前々回から飛躍した。  (午後2時半)

※このページには広告を掲載しております。