BANNER1903J.BMP - 134,574BYTES
トップ
お悔やみ
以前の記事
政治
経済
社会
選挙
コラム

令和元年(2019年)7月6日付
決勝進出逃す

学童野球県大会で森吉
 
準決勝、追分に6-20で大敗

 

 高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球県大会(県軟式野球連盟など主催)は6日、秋田北地方勢で唯一勝ち残った森吉が準決勝(潟上市・元木山球場)で追分と対戦した。森吉は追分に6-20で大敗し、決勝進出を逃した。

 県内22チームが出場している今大会は、6月29日に開幕。翌同30日に続いて第3日を6日に行い、7日の決勝で閉幕する。優勝チームは8月18日〜23日に神宮球場(東京)などで行う全国大会、準優勝同は同3、4日に横手市で行う東北大会への出場権を得る。

 秋田北地方勢の森吉は、1回戦で花館を12-2(5回コールド)、2回戦で三輪山田を9-0(同)、6日の準々決勝で植田睦合を8-5でそれぞれ下して4強入り。

 準決勝は初回追分に1点先制されたものの、2回に2点返して逆転。しかし、5回に3点、6回に大量6点、7回に同9点と後半は毎回得点を許したのに対し、反撃は5回、6回に各2点を返すにとどまり、6-20で大敗、決勝進出を逃した。(午後3時半)

1 2 3 4 5 6 7
追 分 1 0 2 0 3 5 9 20
森 吉 0 2 0 0 2 2 0 6
準決勝・元木山球場  

※このページには広告を掲載しております。