2018年12月31日付
黒澤は区間3位の活躍

全日本大学女子選抜駅伝

白鷗は10位で入賞逃す

 2018全日本大学女子選抜駅伝競走「富士山女子駅伝」(日本学生陸上競技連合主催)は30日、静岡県の富士山本宮浅間大社前-富士総合運動公園陸上競技場の7区間、43.4キロで行った。秋田北地方出身で白鷗2年の黒澤実紀(花輪高出)は4区を担い、区間3位の好走をみせた。

 今大会には20大学と全日本、静岡各選抜のあわせて22チームが出場。大会事務局が公表した順位のうち表彰台3大学と白鷗の結果は下表のとおりだが、名城が2時間22分50秒の大会新でさる10月28日に宮城県仙台市で行った全日本大学女子駅伝対校選手権(杜の都駅伝)に続く2冠を達成し、富士山女子駅伝初の頂点に。6連覇を目指した立命館は終盤6区まで2位を堅持して首位奪還を狙ったものの、アンカー勝負で大東文化に敗れ、3位に甘んじた。

 一方、白鷗は前回を31秒上回る2時間28分20秒で10位。1区の菅野鈴奈(4年)が4位と上位置につけたものの、2区で17位に後退、3区で13位まで挽回した。前回の5区(10.5キロ)から4区(4.4キロ)にまわった黒澤は5人抜きで区間3位の14分41秒をたたき出し、入賞(8位以内)が視野に入る8位で5区につないだ。

 5区11位、6区10位で、アンカー7区の野澤綺花(1年)に入賞の期待がかかったが、8位の日体、9位の東洋(ともに2時間28分2秒)に18秒差でゴール。白鷗は今回も入賞に届かないながらも、前回より順位を2つ上げた。  (午前零時) 前の関係記事

181231AP1.JPG - 174,685BYTES
181231AP2.JPG - 68,242BYTES