2018年10月11日付
成田らの活躍に期待
181011P.JPG - 153,481BYTES
第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会のポスター
第49回Jr五輪陸上競技大会
 
神奈川であす開幕

 第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会(日本陸上競技連盟主催)は、12日に神奈川県で開幕する。秋田北地方勢は女子A100メートルで成田千栞(大館市北陽中3年)、男子B100メートルで山本航(鹿角市花輪二中同)がそれぞれ、入賞圏内の資格記録で今大会に乗り込む。

 「ジュニアアスリートの祭典」と銘打つ同大会は、神奈川県横浜市の日産スタジアムを会場に12日から3日間、A(中学3年〜高校1年)、B(中学2年〜3年)、C(同1年〜2年)の3区分でトラック(100メートル、200メートル、1500メートルなど)、フィールド(走幅跳、走高跳)、投てき(砲丸投、円盤投など)の各種目で全国の中学生が覇を競う

 秋田北地方勢は、男女とも各4選手が県代表で出場するほか、ABC共通4×100メートルリレーで男子が6選手中2選手、女子が同中3選手がそれぞれ本県チームの候補に。

 今大会、秋田北地方勢で入賞の"至近距離"にいるのが女子A100メートルで成田千栞(大館市北陽中同)と、男子B100メートルの山本航(鹿角市花輪二中3年)。

 うちエントリー57選手中8位となる12秒13の資格記録で今大会に臨む成田は前々回女子C100メートルで4位、前回女子B同で準優勝と着実にステップアップ。

 また、秋田北地方勢の中学生選手の中で唯一、第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」(9月29日-今月9日)で県代表となり、少年女子B100メートルで惜しくも決勝進出を逃しただけに、"雪辱戦"の意味でも今大会は強い決意で頂点を目指すとみられる。

 さらに、山本は男子B100メートルのエントリー53選手中9位タイの11秒12の資格記録を引っ提げ、前回に続く挑戦。資格記録は同種目に出場した前回の48位、11秒84から"進化"しているだけに、コンディション次第では入賞も視野に入りそう。

 このほか、女子B100メートルの佐藤杏(大館市東2年)は前回、同C100メートルで7位入賞しており、資格記録はエントリー63選手中53位の12秒84と厳しいながらも、連続入賞を目指す。秋田北地方勢の県代表は次のとおり。 (午前零時)

<男子>

〇男子A200メートル(12日予選、準決勝、決勝)=小松五葵(大館市北陽3年)・資格記録エントリー56選手中53位の23秒34

〇男子B100メートル(13日予選、準決勝、決勝)=山本航(鹿角市花輪二3年)・同53選手中9位タイの11秒12

〇男子B走幅跳(14日決勝)=米村蒼太(大館市比内2年)・同57選手中49位の6メートル2

〇男子C1500メートル(13日予選、14日決勝)=成田太陽(大館市田代1年)・同82選手中78位の4分37秒91

〇男子ABC共通4×100メートルリレー(14日予選、準決勝、決勝)=本県チーム選手候補6人中秋田北地方は小松五葵、山本航

<女子>

〇女子A100メートル(13日予選、準決勝、決勝)=成田千栞(大館市北陽3年)・資格記録エントリー57選手中8位の12秒13

〇女子A砲丸投(14日決勝)=佐藤あゆみ(北秋田市合川3年)・同52選手中33位の9メートル51

〇女子B100メートル(13日予選、準決勝、決勝)=佐藤杏(大館市東2年)・同63選手中53位の12秒84

〇女子B1500メートル(12日予選、13日決勝)=吉原莉胡(大館市東2年)・同52選手中32位の4分44秒54

〇女子ABC共通4×100メートルリレー(14日予選、準決勝、決勝)=本県チーム選手候補6人中秋田北地方は成田千栞、佐藤杏、三沢菜緒(北秋田市鷹巣2年) 

12日付午前11時35分続報:第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会初日の12日、秋田北地方勢は男子A200メートルで小松五葵(大館市北陽3年)が予選全7組中第4組(8選手)に出場した。前半善戦するも後半失速して24秒02で同組最下位となり、小松は準決勝進出を逃した。

12日付午後3時16分続報:第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会初日の12日、秋田北地方勢は女子B1500メートルで吉原莉胡(大館市東2年)が予選全3組中第3組(16選手)に出場した。先頭集団につけず4分46秒48で同組10位となり、吉原は決勝進出を逃した。