2018年10月7日付
小林は精彩欠き7位
 
成年男子1万メートル競歩
 
福井国体陸上第3日

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」の陸上競技(福井県営陸上競技場)第3日は7日、秋田北地方勢は成年男子1万メートル競歩で前回準優勝の小林快(ビックカメラ・大館東中出)が7位に下げ、表彰台を逃した。

 同1万メートル競歩の結果は下表のとおりだが、頂点に立ったのは池田向希(静岡・東洋大)で39分5秒44。池田は、さる5月6日の第28回世界競歩チーム選手権シニア男子20キロを制する快挙を遂げており、今国体でも準優勝の鈴木雄介(石川・富士通)に約20秒差のぶっちぎりでテープを切った。 

 一方、26年が39分40秒74で3位、27年が39分39秒35で優勝、28年が39分49秒18で3位、昨年が40分18秒81で準優勝と表彰台常連の小林は3年ぶりの王座奪還が期待された。しかし、2年連続で40分を切れなかったほか、過去5年間で最も遅い40分54秒93と精彩を欠き、かろうじて入賞圏内(8位以内)に滑り込んだ。

 このほかの秋田北地方勢は、4組からなる成年男子400メートル予選で工藤大晟(大館国際高-駿河台大)が、第3組6選手(1人欠場を除く)中3位、全23選手中(4人同)10位の47秒49で準決勝に進出。2組からなる準決勝第2組(8選手)で5位、全15選手(1人棄権を除く)中10位の47秒84で決勝枠(8人)を逃した。(午後3時) 前の関係記事

順位 選手名 所属 記録 備考
1 池田 向希 静岡(東洋大) 39分5秒44
2 鈴木 雄介 石川(富士通) 39分25秒49
3 山西 利和 京都(愛知製鋼) 39分45秒92
4 古賀 友太 福岡(明大) 40分0秒95
5 遠山 航平 岡山(山梨学院大) 40分23秒05
6 村尾 宥稀 北海道(明大) 40分40秒18
7 小林 快 秋田(ビックカメラ) 40分54秒93
8 近藤 良亮 愛媛(山梨学院大) 40分55秒94
9 鈴木 勝治 茨城(山梨学院大) 40分59秒15
10 高橋 和生 岩手(早大) 41分55秒69
11 及川 文隆 福井(福井県スポーツ協会) 42分11秒47
12 寺田 拓斗 青森(岩手大) 42分31秒50
13 長山 達彦 埼玉(東洋大) 43分17秒12
14 高田 隼斗 山梨(山梨学院大) 43分52秒37
15 山田 康太 山形(南陽東置賜陸協) 44分40秒46
16 大隈 武士 佐賀(JR九州) 44分50秒06
17 山本 龍太郎 富山(山梨学院大) 45分25秒80
18 坂崎 翔 三重(平成国際大) 52分18秒53
諏方 元郁 新潟(NWS) 失格
石井 克弥 長野(慶大) 失格
丸尾 知司 愛知(愛知製鋼) 失格