2018年10月5日付
鳳鳴と桂桜は初戦で激突

全国高校ラグビー県予選

秋田市で13日開幕

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会県予選兼県高校ラグビーフットボール選手権大会は、秋田市の八橋運動公園球技場(あきぎんスタジアム)で13日に開幕する。秋田北地方勢は前回と同様、大館鳳鳴と大館桂桜の2校が出場し、初戦で両校が激突。

 東大阪市花園ラグビー場で行う第98回全国高校ラグビー大会(12月27日開幕)への出場を目指して覇を競う県予選には、前回より1校少ない8校が出場する。

 県ラグビーフットボール協会が作成した県予選の組み合わせは下表のとおりだが、うち秋田北地方勢は大館鳳鳴と大館桂桜が14日午後1時から4強入りをかけて対戦。

 ちなみに、前年大会で大館鳳鳴は秋田中央に0-91、大館桂桜は金足農に5-72でそれぞれ惨敗し、初戦で姿を消した。今回は秋田北地方勢同士の"つぶしあい"により、1校は準決勝進出を決める形だ。前回大会決勝で秋田中央に36-0で完勝した"王者"秋田工は、3年連続68度目の全国出場を目指す。

181005AP.JPG - 69,676BYTES