2018年10月5日付
関本は決勝進出
 
福井国体陸上初日
 
成年女子400メートル障害

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」は5日、福井県営陸上競技場で陸上競技が開幕した。秋田北地方勢は初日、関本萌香(大館鳳鳴高-早大)が成年女子400メートル障害の予選を通過し、決勝進出を決めた。

 関本が出場した同障害予選3組の結果は下表のとおりだが、59秒48で3位に食い込み決勝進出。予選全3組の23選手(1人欠場を除く)中、最速は吉田佳純(岐阜・駿河台大)の58秒50。58秒台は4人おり、59秒台の関本は7位で通過した。決勝は、6日午後4時5分から行う予定。

 このほか、同地方勢で少年女子共通砲丸投(決勝)に出場した三澤彩乃(大館鳳鳴高)は、全23選手中ただ1人欠場した。三澤は、8日午後1時20分決勝開始予定の少年女子共通やり投にもエントリーしており、結果を残したいところ。 前の関係記事

181005P.JPG - 136,107BYTES