2018年9月19日付/あきた北新聞社
2018年9月19日付
1年2カ月ぶり2ケタ増

県内の新車登録・届出台数

軽自動車、貨物など底上げ

  県内の新車新規登録・届出台数は、1年2カ月ぶりに前年比2ケタ増加率を確保した。国土交通省東北運輸局がまとめた8月の速報値で示されたもの。軽自動車の回復加速や貨物が約1.5倍に増加したことなどが、底上げにつながった。

 同局が作成した過去半年間(3月-8月)の県内新車新規登録・届出台数推移は下表のとおりだが、うち8月は前年同月比359台、10.3%増の3,846台。10%以上の増加率を確保したのは前年6月の21.3%以来1年2カ月ぶりで、東北(6県)の中では本県だけだった。

 うち全体の4割以上を占める軽自動車は同207台、13.9%増の1,693台を数え、前年7月の15.3%以来1年1カ月ぶりの2ケタ増に。また、貨物は全体に占める割合こそ1割余と低いながらも同159台、50.5%増の474台にのぼった。

 東北全体の新車新規登録・届出台数は同521台、1.9%増の2万8,047台。前月に続いて1%台の緩やかな伸びながら、2カ月連続で増加した。全国計は同8,232台、2.3%増の37万644台と堅調な伸び。

180919AP1.JPG - 21,803BYTES
180919AP2.JPG - 156,430BYTES