あきた北新聞社/2018年9月11日付
2018年9月11日付
1年2カ月余ぶり復帰へ
180911P.JPG - 143,487BYTES
中嶋の復帰戦となるイベントのポスター
大館市出身プロボクサー中嶋
 
10月22日、後楽園ホールで

 大館市出身のライト級プロボクサー、中嶋龍成(23)=本名中嶋隆成・山龍ジム・大館鳳鳴高出=が1年2カ月余ぶり、リングに帰ってくる。昨年8月の試合で負傷して以来対戦機会を得られなかった中嶋は、前回苦汁を飲んだ後楽園ホール(東京)で10月22日にカムバック。イベント名は「GENKOTSU.2 秋の陣! やるっきゃねぇだろ!!」。ノーランカーのまま雌伏の時を重ねてきた中嶋にとって今回は、まさに「やるっきゃねぇだろ!!」の試合となる。

 27年度全日本ライト級新人王を引っ提げて同級15位でランカー入りした中嶋の戦歴は、10勝(3KO)3敗。前回、昨年8月4日には「下剋上を起こす」と"豪語"しつつ後楽園ホールで当時日本スーパーライト級1位だったデスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地・現同級8位)に挑んだ。しかし、第3ラウンドに受けたパンチで右目を眼窩底骨折し、結果、5ラウンド1分27秒TKO負けと、不完全燃焼の幕引きに。

 試合直後のツイッターに「しっかり治して、また練習して、復帰したいと思います。次戦は半年後くらいになりそうです。これからも応援よろしくお願いします」と新たな決意を記した中嶋だったが、ノーランカーのままリング復帰まで1年2カ月余を要した。

 「GENKOTSU.2 秋の陣! やるっきゃねぇだろ!!」は、10月22日午後4時45分にゴングが鳴る。8試合が組まれており、中嶋は第4試合で大野俊人(石川ジム立川)とライト級8回戦に臨む。28年度東日本スーパーライト級新人王の大野もノーランカーながら7勝2敗の戦歴を持ち、7勝はすべてTKO勝ちだけに、中嶋にとってタフな復帰戦になると予想される。 (午前零時)