2018年9月7日付/あきた北新聞社
2018年9月7日付
関本は惜しくも予選落ち

日本学生陸上女子400b障害

ハンマー投げ、小舘の2冠に期待

  天皇賜盃第87回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本学生陸上競技連合主催)で秋田北地方勢は7日、関本萌香(大館鳳鳴高-早大1年)が女子400メートル障害に出場した。今大会の同種目ランキング5位で国際大会の日本代表にも選ばれた関本は、予選第2組3位で惜しくも準決勝進出を逃した。

 来年7月(3日-14日)にナポリ(イタリア)で行う第30回ユニバーシアード競技大会の日本代表選手選考参考大会に位置づけた今大会は、神奈川県川崎市の等々力陸上競技場(ハンマー投げ予選のみ日体大健志台キャンパス陸上競技場・東京都世田谷区)で、6日から9日まで男女各22種目で覇を競っている。

 大会第2日の7日、秋田北地方勢は関本が女子400メートル障害に出場。予選全5組中、関本が出場した第2組の結果は下表のとおりだが、2位の松村涼(横浜市立大4年)に0秒04差の1分0秒17で3位と、惜しくも8日の準決勝に駒を進めることができなかった。

 2018アジアジュニア陸上、同U20世界陸上と今年立て続けに国際大会の日本代表に選ばれた関本は、今大会の同種目ランキングでも上位10選手中5位につけていた。これからすれば入賞圏内の出場ながら、まさかの予選落ちに。

 このほか、男子400メートルに出場した工藤大晟(大館国際高-駿河台大4年)は6日の予選全5組中第3組(7選手)で47秒59、4位と精彩を欠き、7日の準決勝進出を逃した。

 一方、女子ハンマー投げは小舘充華(花輪高-流通経済大2年)が8日の予選に出場する。2018日本学生個人優勝、同関東インカレ1部2位と波に乗っている小舘は、今大会同種目のランキングでも2位につけており、日本学生に続く2冠に期待がかかる。 (正午)

関本が出場した予選第2組の結果
順位 レーン 氏名 所属 記録 コメント
1 8 横田 華恋 (2) YOKOTA Karen 園田学園女子大
兵 庫
59.73 準決勝進出
2 5 松村  涼 (4) MATSUMURA Ryo 横浜市立大
神奈川
1:00.13 準決勝進出
3 3 関本 萌香 (1) SEKIMOTO Moeka 早稲田大
秋 田
1:00.17
4 4 カラザーズ圭菜(4) CAROTHERS Keina 慶應義塾大
神奈川
1:00.36
5 7 西山 華織(M2) NISHIYAMA Kaori 福岡教育大
山 口
1:00.58
6 1 小川 優衣 (4) OGAWA Yui 東京女子体育大
埼 玉
1:01.43
7 6 西村寧々花 (1) NISHIMURA Neneka 立命館大
京 都
1:02.28
8 2 小山 涼華 (4) KOYAMA Suzuka 大東文化大
栃 木
1:03.70