2018年8月6日付
秋田北鷹は8強

東海インターハイ

フェンシング男子学校対抗

 三重、岐阜、静岡、愛知、和歌山の5県を競技会場とする全国高校総体(インターハイ)「2018 彩る感動 東海総体」は5日、秋田北地方勢はフェンシング男子学校対抗で秋田北鷹が準々決勝で敗退した。

<5日> 愛知県の知多市民体育館を競技会場とするフェンシング男子学校対抗2回戦で秋田北鷹は大分豊府(大分)を5-4、同3回戦で海星(三重)を5-0で下したものの、同4回戦(準々決勝)で東亜学園(東京)に2-5で敗れ、惜しくも4強入りを逃した。東亜学園は準決勝で愛工大名電(愛知)に5-4で競り勝ち、決勝で慶応(神奈川)に5-0で完勝し、4年ぶり5度目の頂点に立った。

 フェンシングで秋田北地方勢以外の県勢は、女子学校対抗で聖霊が決勝で和歌山北(和歌山)に0-5で完敗し、連覇を逃した。和歌山北は、2年ぶり4度目の優勝を飾った。

 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿庭球場を競技会場とするソフトテニスで秋田北地方勢は、個人4回戦で佐藤大晴・岩間大輝(秋田北鷹)が尾山・上田(高岡商・富山)に2-4で敗れた。

 三重交通G スポーツの杜 伊勢陸上競技場を競技会場とする陸上女子ハンマー投げで秋田北地方勢は、稲垣愛結(花輪)が41選手中最下位の33メートル81と振るわなかった。

<4日> 愛知県の知多市民体育館を競技会場とするフェンシング学校対抗1回戦で秋田北鷹は富山西(富山)を5-2で下し、同2回戦進出を決めた。5日の同2回戦で秋田北鷹は、大分豊府(大分)と対戦する。

 フェンシング男子エペで佐藤武揚(秋田北鷹)は、予選トーナメント2回戦で御手洗拓真(大分豊府・大分)に14-15の僅差で競り負け、決勝同1回戦進出を逃した。秋田北地方勢以外の県勢は、同女子エペで齋藤華南(秋田商)が決勝で寺山珠樹(乙訓・京都)を15-11で破り、初挑戦にして見事頂点に立った。

 静岡県沼津市のふじのくに千本松フォーラム(プラサヴェルデ)多目的ホールを競技会場とする相撲個人で田村拓三(秋田北鷹)は、決勝トーナメント進出者決定2回戦で松本拓也(鵬翔・宮崎)に押し倒しで敗れ、同トーナメント1回戦進出を逃した。

 4日に男子が三重交通G スポーツの杜 鈴鹿庭球場で始まったソフトテニスで秋田北地方勢は、個人2回戦で佐藤大晴・岩間大輝(秋田北鷹)が川畑・三沢(倉敷工・岡山)を4-2、同3回戦で水野・関(敬愛学園・千葉)を4-2でそれぞれ下し、同4回戦に駒を進めた。

 一方、西根拓海・吉田統磨(大館鳳鳴)は浜田・羽田(日田林工・大分)を4-2で下したものの、同3回戦で松本・藤谷(南陽工・山口)に1-4で敗れた。    (午前零時)    前の関係記事

続報:陸上男子砲丸投げは6日、小松魁人(大館市北陽中-能代松陽)が8位入賞。