2018年8月3日付
宮崎は6位入賞

東海インターハイ

フェンシング男子フルーレ

 三重、岐阜、静岡、愛知、和歌山の5県を競技会場とする全国高校総体(インターハイ)「2018 彩る感動 東海総体」は3日、秋田北地方勢はフェンシング男子フルーレで宮崎泰我(秋田北鷹)が決勝トーナメント1回戦(準々決勝)で敗退して6位入賞し、同エペで佐藤武揚(同)が予選トーナメント2回戦進出を決めた。 また、相撲は個人で田村拓三(同)が決勝トーナメント進出者決定1回戦に駒を進めた。

 愛知県の知多市民体育館を競技会場とするフェンシング男子フルーレで宮崎は3日、予選トーナメント3回戦で田中風舞(龍谷大平安・京都)を15-10で破って決勝トーナメント1回戦(準々決勝)に駒を進めたものの、同1回戦で川村京太(東亜学園・東京)に4-15で大敗し、4強入りを逃した。これにより、宮崎は6位入賞。宮崎を倒した川村は決勝に進出し、中村太郎(大分豊府・大分)に13-15で惜敗して準優勝。

 同日始まったフェンシング男子エペで秋田北地方勢は、佐藤が予選リーグ全9プール中第9プールに出場し、2勝2敗で予選トーナメント1回戦進出を決めた。同1回戦で佐藤は武井琉晟(栃木商・栃木)に10-9で競り勝ち、4日の同2回戦に駒を進めた。同2回戦で佐藤は、御手洗拓真(大分豊府・大分)と対戦する。

 一方、フェンシング男子サーブルで成田航也(秋田北鷹)は予選リーグ全9プール中第4プールに出場し、2勝2敗で予選トーナメント1回戦進出を決めたものの、同1回戦で杉本隆大(日大豊山・東京)に8-15で敗れた。

 秋田北地方勢以外の県勢は、女子フルーレで土佐千乃(聖霊)が決勝に進出し、巾下栞奈(和歌山北・和歌山)に15-14の僅差で競り勝ち、前年の3位から見事初頂点に立った。

 静岡県沼津市のふじのくに千本松フォーラム(プラサヴェルデ)多目的ホールで3日に競技が始まった相撲団体で秋田北地方勢は、秋田北鷹が1回戦で飛龍(静岡)に0-5で完敗。

 同個人には田村が出場し、予選1回戦で古田賢悟(竹原・広島)を押し倒し、同2回戦で落合駿(宇治山田商・三重)を押し出し、同3回戦で辻忠樹(岡山理大付・岡山)を押し出しでそれぞれ下し、4日の決勝トーナメント進出者決定戦に駒を進めた。

 三重県伊勢市の三重交通G スポーツの杜 伊勢を競技会場とする陸上で秋田北地方勢は3日、高野涼(花輪)が男子円盤投げに出場。予選全2組のうち第2組で高野は、31選手中20位の40メートル37で決勝(同組の上位5選手)進出を逃した。  前の関係記事