2018年7月27日付
大館東が8強入り
 
全県少年野球で秋田北地方勢
 
花輪一、下川沿は初戦敗退

 第84回全県少年野球大会(県中体連など主催)兼第67回県中学総体軟式野球大会第2日は26日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で2回戦8試合を行った。秋田北地方勢は大館東(大館北秋田1区)が秋田東(秋田3区)に3-2で競り勝って8強に名乗りをあげたものの、花輪一(鹿角)が羽城(男鹿潟上南秋2区)に0-4、下川沿(大館北秋田1区)が象潟(本荘由利1区)に1-4でそれぞれ敗れ、初戦で姿を消した。 

 2回に1点先制した大館東は、3回に1死1、3塁から2点追加して秋田東を引き離した。4回に2点返されたものの、5回以降好機を与えず2-3で競り勝ち、大館東は8強入り。

  花輪一は、女子の川又優衣(3年)が主戦の大役を担った。しかし、1回に2死1、3塁から3点許したのに続いて6回に1点追加され、0-4で羽城に完敗。

 また、3回に2点先制された下川沿は4回、6回に各1点追加された。7回に満塁から1点返して一矢報いたが、1-4で象潟に敗北。これにより、秋田北地方勢は出場4校中、大館東だけが勝ち残った。

 準々決勝で大館東は、4強をかけて27日午前10時から八橋球場で羽城と対戦する。平成12年の第66回を皮切りに過去4度頂点に立った羽城は今大会、1回戦で御野場(秋田2区)を1-0、2回戦で花輪一を4-0と各ゼロゲームで下して波に乗っているだけに、大館東としては主戦奥村健斗(3年)が粘り強く点を積み上げる羽城打線を封じ込めて得点につなげたいところ。(午前零時) 前の関係記事

1 2 3 4 5 6 7
秋田東

0

0 0 2 0 0 0 2
大館東 0 1 2 0 0 0 × 3
2回戦・ こまちスタジアム

1 2 3 4 5 6 7
花輪一

0

0 0 0 0 0 0 0
羽 城 3 0 0 0 0 1 × 4
2回戦・ こまちスタジアム

1 2 3 4 5 6 7
下川沿

0

0 0 0 0 0 1 1
象 潟 0 0 2 1 0 1 × 4
2回戦・ こまちスタジアム