2018年7月26日付
北陽は初戦で敗退
 
全県少年野球で秋田北地方勢
 
26日に大館東、花輪一、下川沿

 第84回全県少年野球大会(県中体連など主催)兼第67回県中学総体軟式野球大会は25日、秋田市のこまちスタジアムと八橋球場で開幕した。八橋同での開会式を経て、第1日は1回戦4試合を行った。秋田北地方勢は、北陽(大館北秋田2区)が能代南(能代)に0-5で完敗し、初戦敗退した。

 こまち、八橋両球場で29日(予定)まで行う今大会には、6月の各地区大会で優勝した下川沿(大館北秋田1区)、大館東(同2区)、北陽(同3区)、花輪一(鹿角)の秋田北地方勢4校を含む計20校(前年比1校減)が出場。優勝、準優勝校は山形県で8月7〜9日の日程で行う東北大会の出場権を獲得する。

 こまちスタジアムで能代南との1回戦に臨んだ北陽(大館市)は、初回1死からの連続暴投で1点先制されたのに続き、4回に1点、6回に3点それぞれ追加された。打線もまったく冴えず、17三振、無安打、0-5で完敗。

 大会第2日の26日、同地方勢はいずれもこまちスタジアムで大館東が秋田東(秋田3区)と午前8時半から、花輪一が羽城(男鹿潟上南秋2区)と同10時半から、下川沿が象潟(本荘由利1区)と午後零時半から、各2回戦に臨む。 (午前零時)

1 2 3 4 5 6 7
北 陽

0

0 0 0 0 0 0 0
能代南 1 0 0 1 0 3 × 5
1回戦・ こまちスタジアム