2018年7月20日付
東北北部が梅雨明け
  
平年より8日早く

本県も夏本番に突入

 仙台管区気象台は20日、東北北部が梅雨明けしたとみられる、と発表した。本県を含む同北部の梅雨明けは、平年より8日早い。これにより、梅雨のない北海道を除いて全国で梅雨明けしたことになり、本県も夏本番に突入。

 東北北部は太平洋高気圧に覆われておおむね晴れており、向こう1週間も同高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。 このため同気象台は20日、「東北北部が梅雨明けしたとみられる」と発表した。

 気象庁が作成した梅雨のない北海道を除く全国の梅雨明け状況は下表のとおりだが、沖縄を除いて軒並み平年より早い。うち最も遅い東北北部は梅雨明け日を特定しなかった昨年との比較はできないものの、平年より8日早い。

 東北北部の梅雨入りを発表した6月11日から今月19日までの降水量(速報値)と平年値は、秋田市が347.5ミリ(平年224.6ミリ)、青森市が239.5ミリ(同126.2ミリ)、岩手県盛岡市が182ミリ(同209.6ミリ)で、同北部3県中本県(秋田市)が最も多かった。全国的に"酷暑"が続く中、県内もきょう以降、高温の日が続出しそうだ。   (午前11時10分)

 今年の全国の梅雨明け
地方 今年 平年差 昨年差 平年 昨年
沖縄 6月23日ごろ 同じ 1日遅い 6月23日ごろ 6月22日ごろ
奄美 6月26日ごろ 3日早い 3日早い 6月29日ごろ 6月29日ごろ
九州南部 7月11日ごろ 3日早い 2日早い 7月14日ごろ 7月13日ごろ
九州北部 7月9日ごろ 10日早い 4日早い 7月19日ごろ 7月13日ごろ
四国 7月10日ごろ 8日早い 3日早い 7月18日ごろ 7月13日ごろ
中国 7月9日ごろ 12日早い 4日早い 7月21日ごろ 7月13日ごろ
近畿 7月9日ごろ 12日早い 4日早い 7月21日ごろ 7月13日ごろ
東海 7月9日ごろ 12日早い 6日早い 7月21日ごろ 7月15日ごろ
関東甲信 6月29日ごろ 22日早い 7日早い 7月21日ごろ 7月6日ごろ
北陸 7月9日ごろ 15日早い 24日早い 7月24日ごろ 8月2日ごろ
東北南部 7月14日ごろ 11日早い 7月25日ごろ 特定しない
東北北部 7月20日ごろ 8日早い 7月28日ごろ 特定しない