2018年6月11日付
東北北部も梅雨入り
 
平年より3日、昨年より20日早く 

北海道除き梅雨一色に

 仙台管区気象台は11日、「東北北部が梅雨入りしたとみられる」と発表した。本県を含む同北部は平年より3日、昨年より20日それぞれ早い。

 東北北部は、前線の影響で曇りや雨となっている。 向こう1週間、同北部は前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い見込み。このため同気象台は11日、同北部の梅雨入りを宣言した。

 気象庁が作成した沖縄を皮切りとする今年の各地方の梅雨入り内訳は下表のとおりだが、各地方とも平年、昨年よりそれぞれ早いのが特徴。東北南部(宮城、福島、山形)は同北部より1日早い10日に梅雨入りを宣言しており、同北部の梅雨入りにより、「梅雨がない」とされる北海道を除いて梅雨入りしたことに。

 大館市など秋田北地方は午前中に一時晴れ間をのぞかせたものの、午前11時現在は曇天模様。日本海側から同地方にも前線が近づいており、午後は降雨が予想される。 (午前11時10分)

地方 平成30年 平年差 昨年差 平年 昨年
沖縄 5月8日ごろ 1日早い 5日早い 5月9日ごろ 5月13日ごろ
奄美 5月7日ごろ 4日早い 6日早い 5月11日ごろ 5月13日ごろ
九州南部 5月26日ごろ 5日早い 11日早い 5月31日ごろ 6月6日ごろ
九州北部 5月28日ごろ 8日早い 23日早い 6月5日ごろ 6月20日ごろ
四国 5月28日ごろ 8日早い 23日早い 6月5日ごろ 6月20日ごろ
中国 6月5日ごろ 2日早い 15日早い 6月7日ごろ 6月20日ごろ
近畿 6月6日ごろ 1日早い 14日早い 6月7日ごろ 6月20日ごろ
東海 6月6日ごろ 2日早い 15日早い 6月8日ごろ 6月21日ごろ
関東甲信 6月6日ごろ 2日早い 1日早い 6月8日ごろ 6月7日ごろ
北陸 6月10日ごろ 2日早い 15日早い 6月12日ごろ 6月25日ごろ
東北南部 6月10日ごろ 2日早い 20日早い 6月12日ごろ 6月30日ごろ
東北北部 6月11日ごろ 3日早い 20日早い 6月14日ごろ 7月1日ごろ