2018年6月9日付
横内さん、小桜さんらも出演
180609P.JPG - 156,162BYTES
松井誠特別公演2018のPRポスター
9月に松井誠特別公演2018

22日から個人前売

 小坂町の康楽館は9月に「松井誠特別公演2018」を開くにあたり、22日に同館窓口で、23日に電話で前売券の各個人受付を開始する。人気テレビドラマ「水戸黄門」の格さん役でも人気を集めた俳優、横内正さんが特別出演するほか、全国の中でも秋田県内でとりわけ人気の高い演歌歌手、小桜舞子さんらも舞台を盛り上げる。

 大衆演劇のスーパースター的な位置づけにある松井さんは数々の座長公演をこなしているほか、テレビドラマや映画にも数多く出演している俳優。小坂町とも深いかかわりをもち、4月20日〜11月27日のロングランで行っている康楽館の常打芝居「下町かぶき組」の師匠でもある。

 「松井誠特別公演2018」は9月15日に午前の部(午前10時半〜)と午後の部(午後3時半〜)、翌16日に午前の部(同)、のあわせて3回公演を行う。いずれも3部構成で、第1部が「男伊達」、第2部が「子別れ傘」、第3部が小桜舞子さんのショーを含む「華艶舞」。上演時間は、それぞれ約3時間15分を見込んでいる。

 特別出演する横内さんはテレビドラマ「水戸黄門」でお馴染み、助さん、格さんのうち、悪人らの前で印籠を颯爽とかざしてみせる格さんの役などで一世を風靡したほか、ドラマや映画に多数出演。

 また、よされ節を題材にした新曲「よされ三味線」を引っ提げてキャンペーンやディナーショー、コンサートなどを精力的にこなしている小桜さんは、デビュー曲「恋する城下町」が秋田県内では15週連続CD、カセットの年間売上が1位を記録するなど、とりわけ本県にファンが多いという。

 前売券は、団体受付(20人以上)が今月18日を必着に優先受付しており、同日以降は空席状況によって随時申し込みを受け付ける。また、個人客を対象とする前売券は22日午前9時から同館窓口、23日同時刻から電話予約をそれぞれ開始。

 前売券は1公演につき30席限定の特別席が1人1万2,000円、松席が8,500円、竹席が6,500円、自由席が4,500円で、当日券は1,000円増し。問い合わせは同館(☎0186-29-3732、メール)へ。