2018年5月25日付
今夏は猛暑の可能性も

東北の3カ月予報発表

降水量はほぼ平年並み

 仙台管区気象台は25日、6月以降の東北の3カ月予報を発表した。今予報のポイントとして○暖かい空気に覆われやすく向こう3カ月の気温は高い〇同3カ月の降水量はほぼ平年並み、の2点を挙げた。これからすれば、今夏は猛暑に悩まされる日が多い可能性も。

 各月のうち6月は期間の前半に高気圧と低気圧が交互に通り、天気が数日の周期で変わりそう。気圧の谷や前線の影響で、同後半は平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みだ。

 前線の影響で、7月は平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそう。さらに、8月は本県を含む東北日本海側で平年と同様に晴れの日が多く、同太平洋側で天気が数日の周期で変わると予想。平均気温は各月とも平年並みか高く、降水量はほぼ平年並みの見込み。 

 同日発表した今月1日から20日までの天候経過によると、この期間は低気圧と高気圧が交互に通過し、天気が数日の周期で変わった。低気圧が北日本付近を通過することが多く、東北は曇りや雨の日が多かった。暖かい空気に覆われることが多く、平均気温は平年を上回ったものの、期間の中ごろと終わりは寒気が流れ込んで低温の時期も。降水量は平年を上回り、日照時間は平年を下回った。 

 また、低気圧や前線の影響で3日は東北北部を中心に大雨の所があり、低気圧の影響で9日は福島、宮城両県で大雨に見舞われる所があった。前線や低気圧の影響で、17日から19日にかけては各県で大雨となった。特に18日は本県を中心に青森県や岩手県、山形県で日降水量が 100ミリを超える大雨の所が多く、北秋田市阿仁合では同200ミリを観測し、統計開始以降の通年1位を記録。    (午後3時半)