2018年5月22日付
きりたんぽ鍋の試食も

韓国の旅行会社などにPR

東北の登山やトレッキング

 国土交通省東北運輸局は22日、29日から来月3日にかけて韓国から旅行会社などを招き、東北の登山やトレッキングの魅力をPRする、と発表した。本県関係は秋田、岩手両県にまたがる八幡平や秋田、青森両県にまたがる十和田湖関連のほか、道の駅かづのできりたんぽ鍋を試食してもらう予定だ。

 今取り組みは、東北観光推進機構と連携して行う。東北への外国人旅行者増加を目的とする「訪日プロモーション地方連携事業」で東北の山々を巡る登山・トレッキングの魅力を、韓国に向けて強力に発信するという。

 招くのは韓国の旅行会社から6社(6人)と、朝鮮日報社が発行している登山雑誌の関係者2人の計8人。同局が明らかにしたスケジュール予定は下表のとおりだが、本県関係は来月1日に八幡平、道の駅かづの、奥入瀬渓流をそれぞれ訪れる予定。

 今取り組みをとおして同局は「東北の旅行商品造成を促進するとともに、現地一般消費者に対して東北観光の魅力を発信することで、認知度向上及び誘客促進を図る」としている。

180522AP.JPG - 137,721BYTES