2018年4月25日付
5月以降気温は高めか

東北の3カ月予報発表

夏前半の7月、暑くなる可能性も

 仙台管区気象台は25日、5月以降の東北の3カ月予報を発表した。今予報のポイントとして○暖かい空気に覆われやすく、向こう3カ月の気温は高い〇同3カ月の降水量はほぼ平年並み、の2点を挙げた。

 各月のうち5月は高気圧と低気圧が交互に通り、天気が数日の周期で変わりそう。6月は、期間の前半に高気圧と低気圧が交互に通って天気が数日の周期で変わり、同後半は前線の影響で平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みだ。7月は、前線の影響で平年と同様に曇りや雨の日が多いと予想している。

  月別の平均気温、降水量予想は下表のとおりだが、うち夏前半の7月は、昨年は大館市で真夏日が月の約半数の15日間にのぼるなど観測史上3番目に高かった中、今年も暑くなる可能性がありそう。また、各月の降水量は本県を含む日本海側、太平洋側とも「ほぼ平年並み」とした。

 同日発表した今月1日から20日までの天候経過によると、この期間は低気圧と高気圧が交互に通過し、天気が短い周期で変わった。低気圧が北海道の北を通過することが多く、低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、平均気温は平年を上回った。

 降水量は東北北部で平年を上回り、同南部で平年を下回った。日照時間も平年を下回った。低気圧や前線の影響で、6日は東北日本海側を中心に大雨に見舞われた。低気圧が日本海から東北北部を通過した影響で、15日は同日本海側を中心に大雨となった。(午後3時半)

180425AP1.JPG - 50,107BYTES
180425AP2.JPG - 85,389BYTES