2018年4月10日付
6カ月連続前年比減

県内の自殺者数

6カ月ぶり20人台、累計で40%減

 県内の自殺者数は、6カ月連続で前年を下回った。警察庁が10日公表した3月の速報値で示されたもの。減少推移ながら、過去20年間で初めて1ケタにとどまった前月の3倍以上にのぼり、6カ月ぶりに20人台に達した。 

 先月の県内自殺者数は、前年同月比4人減の20人。今年これまでの3カ月間はそろって減少し、前年まで遡ると10月以来6カ月連続で減少した。東北6県の中では、山形の15人に次いで少ない方から2番目。

 ただ、単月としては2月まで3カ月連続で過去20年間の最少記録を更新し、中でも2月は同20年間で最少だったのに対し、3月は一気に悪化。20人台に達したのは、前年9月の21人以来6カ月ぶりとなる。この結果、1-3月の累計は前年同期比24人、40%減の36人に。

 このほか、全国の3月の自殺者数は1,937人。前年同月に比べて22人、1.1%増加し、6カ月ぶりに前年を上回った。前年比による県内の1-3月自殺者数推移は下表のとおり。 (午後6時)

月別

年別

1月

2月

3月

総数

29年(人)

22 14 24 60 

30年(人)

10   6   20 36

増   減(人)

-12 -8 -4 -24