2018年4月6日付
北秋田市のふるさと大使へ
 
ご当地ハローキティお披露目も

15日に就任式

 サンリオ(辻信太郎社長・本社東京)との人気キャラクター「ハローキティ」使用ライセンス契約に伴う予算案を3月定例市議会で可決した北秋田市は、完成したご当地キャラクターのふるさと大使就任式を15日に行う。

 市がハローキティの活用事業に乗り出すことに対し、先の定例会では同キャラクターと同市との関連性が乏しいことや効果が不透明であるとして反対討論がなされた。採決の結果、事業賛成派が大勢を占め、関係予算約2,840万円を可決。

 これを経て市は今月からハローキティの活用事業を展開することにし、15日はサンリオとのコラボレーションで完成させた同キャラクターのご当地デザインの発表会とともに、ふるさと大使任命式を市民ふれあいプラザ「コムコム」1階多目的ホールで行う。

 午前10時からの同就任式に続き、同11時半と午後1時から各30分間、ハローキティショー(ダンスショーと握手会)も。市は「各イベントの合間には、会場でキティちゃんのぬり絵コーナーやサンリオPR動画を楽しむことができる」などとPRし、多数の来場を呼びかけている。このほか、市はスクールバスへのハローキティのラッピングなどさまざまな活用を推進する方針。(午前零時)