2018年3月23日付
本県は全国ワースト5
 
昨年の土砂災害発生件数

過去10年間で最悪57件

 国土交通省は22日、昨年の土砂災害は発生件数、人家被害数とも過去10年間で最悪だったことを明らかにした。うち本県は、同発生件数が全国5位の57件にのぼった。

 29年土砂災害発生件数は全国計で前年比22件、1.5%増の1,514件、これに伴う死者・行方不明者数は同6人、33.3%増の24人、人家被害数は同384戸、121.1%増の701戸。うち同発生件数と人家被害数は、過去10年間で最悪だった。

 47都道府県中、本県を含む7府県で同発生件数が過去10年間の最悪を記録。全国の上位5県は下表のとおりだが、このうち本県は前年の9件から57件に膨れ上がった。これまでの過去10年間で最悪だった22年(22件)の2.6倍にのぼり、同件数は全国5位にランキング。内訳は、がけ崩れが46件(前年1件)で全体の約8割を占め、これに土石流等が9件(同8件)、地すべり(同皆無)が2件で続いた。 (午前零時)

180323AP.JPG - 106,200BYTES