2018年3月13日付/あきた北新聞社
2018年3月13日付
2月は2カ月ぶり増加

県内の新車登録・届出台数

軽自動車、5カ月ぶり2,000台超え

  県内の新車新規登録・届出台数は、2カ月ぶりに増加に転じた。国土交通省東北運輸局がまとめた2月の速報値で示されたもの。最も増加率が高い軽自動車は、5カ月ぶりに2,000台を超えた。

 同局が作成した過去半年間(29年9月-今年2月)の県内新車新規登録・届出台数推移は下表のとおりだが、うち2月は前年同月比130台、3.3%増の4,069台。2カ月ぶりに増加し、前年9月の4,768台以来5カ月ぶりに4,000台を超えた。東北6県で増加したのは秋田、山形(0.3%増)の両県だけ。

 全体の約半数を占める軽自動車は前年同月比142台、7.6%増の2,017台で、3カ月連続で増加し、前年9月の2,255台以来5カ月ぶりに2,000台を超えた。次いで多い乗用車は普通、小型あわせて同33台、1.9%増の1,776台で、4カ月ぶりにプラスに転じた。

 東北6県全体の同台数は同537台、1.5%減の3万4,326台で、5カ月連続の減少。全国計も同1万461台、2.1%減の47万9,161台と伸び悩んだ。ただ、東北、全国とも軽自動車は緩やかな増加を確保。

180313P1.JPG - 27,513BYTES
180313P2.JPG - 108,088BYTES