2018年2月26日付     
少年男子クラシカルで土濃塚連覇

にいがた妙高はね馬国体競技初日

秋田北地方勢、入賞も続出

 「銀世界 跳ねて 駆けて かがやいて」をスローガンとする第73回国民体育大会冬季大会スキー競技会「にいがた妙高はね馬国体」第2日は26日、前日の開始式に続いて競技が開幕した。競技初日は距離クラシカル、純飛躍各少年男子、成年男子A、同B、大回転成年男子A、同B、同女子Aの計3競技、9種目を行った。秋田北地方勢は、少年男子10キロクラシカルで土濃塚悠成(秋田北鷹高3年)が連覇を果たした。

 距離クラシカルは赤倉観光リゾートクロスカントリーコース、純飛躍は妙高高原赤倉シャンツェ、大回転は同観光リゾートスキー場で行った。うち125選手がフィニッシュした少年男子10キロクラシカルで土濃塚は、2位の郷津知哉(長野・白馬高2年)に11秒5差の28分24秒7で前回に続いて全国制覇。

 86選手がフィニッシュした成年男子A10キロクラシカルで秋田北地方勢は、田中聖土(花輪高-早大4年)が28分1秒3で前回の3位から5位に後退した。同Bで県勢の入賞(8位以内)はなかった。

 29選手が記録を出した少年男子純飛躍(ヒルサイズ100メートル、K点90メートル)で秋田北地方勢は、木村幸大(花輪高1年)が合計226点で4位と惜しくも表彰台を逃し、湯瀬晃成(小坂高2年)が219点で前回の3位から7位に後退した。

 24選手が記録を出した成年男子B純飛躍(同)で秋田北地方勢は、前回2位の湊祐介(東京美装・鷹巣農林高出)が合計213点で5位と表彰台を逃したほか、小山内佳彦(東京美装鹿角事業所)が198.5点で前回の6位から7位に、成田巨樹(小坂製錬)が194.5点で同5位から8位にそれぞれ後退。同Aで県勢の入賞はなかった。

 80選手がフィニッシュした成年男子B大回転で秋田北地方勢は、中村和司(秋田ゼロックス・花輪高-法政大)が1分5秒12で3位表彰台に立った。81選手がフィニッシュした同女子A大回転で同地方勢は、沼森愛奈(花輪高-東海大3年)が1分6秒49で5位入賞。同男子Aで県勢の入賞はなかった。秋田北地方勢が優入賞した各種目の結果は下表のとおり。 (第1速報:午後2時半、第2速報:午後5時半)      前の関係記事

少年男子10キロクラシカル(優入賞者)

180226AP1.JPG - 34,489BYTES

成年男子A10キロクラシカル(優入賞者)

180226AP4.JPG - 36,660BYTES

少年男子純飛躍(優入賞者)

180226AP2.JPG - 171,045BYTES

成年男子B純飛躍(優入賞者)

180226AP3.JPG - 178,551BYTES

成年男子B大回転(優入賞者)

順位 氏名 都道府県 記録
所属
1 清水 大 長野県 1:04.28
小賀坂SC+SSN
2 小林 大郁 北海道 1:04.77
竃k海道銀行
3 中村 和司 秋田県 1:05.12
秋田ゼロックス
4 上町 智 岐阜県 1:05.21
下呂市立萩原北中学校
5 大村 和哉 北海道 1:05.25
ブレイン株式会社
6 水口 雄太 富山県 1:05.48
南砺市役所
7 布施 峰 新潟県 1:05.79
ライフケア神戸・妙高RSC
8 三上 正人 長野県 1:05.82
小賀坂スキークラブ

成年女子A大回転(優入賞者)

順位 氏名 都道府県 記録
所属
1 荒井 美桜 福岡県 1:05.37
潟Cデア
2 新井 真季子 岐阜県 1:05.90
鞄本保育サービス
3 石橋 未樹 北海道 1:06.02
東海大学
4 石川 晴菜 石川県 1:06.12
木島病院
5 沼森 愛奈 秋田県 1:06.49
東海大学
6 安藤 麻 東京都 1:06.59
東洋大学
7 大森 芽萌 埼玉県 1:06.72
早稲田大学
8 石島 瑶子 群馬県 1:06.92
早稲田大学