2018年2月19日付
男子で小林は11位
 
日本選手権20キロ競歩
 
上位3選手は大会新

 ジャカルタ2018アジア競技大会男子・女子20キロ競歩日本代表選手選考競技会を兼ねた第101回日本陸上競技選手権大会男子・女子20キロ競歩(日本陸上競技連盟主催)は18日、兵庫県神戸市の六甲アイランド甲南大周辺コースで行った。男子の部で小林快(ビックカメラ・大館東中-秋田工高-早大出)は11位で、入賞(8位以内)を逃した。

 男子の部には113選手がエントリー。20位までの結果は下表のとおりだが、優勝は前回に続いて高橋英輝(千葉・富士通)で1時間17分26秒、準優勝は山西利和(京都・京大)で1時間17分41秒、3位は松永大介(千葉・富士通)で1時間17分46秒。

 上位3選手はともに、高橋が27年に出した大会記録(1時間18分3秒)を更新した。一方、前回4位入賞の小林は前回記録の1時間19分13秒を2分近く下回る1時間21分29秒と精彩を欠き、11位に甘んじた。(午前零時)  前の小林関係記事

180219AP.JPG - 111,031BYTES