2018年2月7日付
土濃塚は3位表彰台
 
男子10キロクラシカル
 
全国高校スキー大会

 「光り輝け舞い上がれ 高山 郡上の雪とともに」をスローガンに、岐阜県と北海道を競技会場とする第67回全国高校スキー大会第4日、競技3日目の7日は、男子10キロクラシカルと男子回転を行った。秋田北地方勢は、同クラシカルで土濃塚悠成(秋田北鷹3年)が前回に続く連覇こそならなかったものの3位表彰台に立ち、進藤洸太(花輪2年)が6位入賞を決めた。

 男子10キロクラシカルは岐阜県郡上市のデイリー郡上・牧歌の里クロスカントリーコース、男子回転は同高山市の飛騨ほおのき平スキー場かもしか・アルペンコースでそれぞれ行った。

 177選手がフィニッシュした同クラシカルで土濃塚はトップに6秒9、2位にわずか0.4秒差の30分50秒1で3位と、惜しくも2年連続優勝を逃した。また、進藤は31分20秒1で6位と健闘。107選手がフィニッシュした男子回転で県勢の入賞はなかった。 前の関係記事

男子10キロクラシカル入賞者

180207P.JPG - 166,233BYTES