2018年1月26日付     
秋田北地方勢の活躍に期待

東北中学校スキー大会

山形であす開幕
 
 第54回東北中学校スキー大会(東北中学校体育連盟など主催)は、27日から5日間にわたって山形県で行う。秋田北地方勢は先の第61回県中学校スキー大会で男女あわせて8種目で頂点に立ったのをはじめ入賞ラッシュに沸いただけに、東北での活躍も期待される。

  今東北大会は、アルペンを山形市の蔵王温泉スキー場、距離を上山市の蔵王坊平高原クロスカントリーコース、純飛躍と複合前半飛躍を米沢市の御成山公園ジャンプ場、複合後半距離を同市の田沢クロスカントリー競技場でそれぞれ行う。

  大会日程の詳細は表1のとおりだが、アルペンは29日の開会式などを経て30日から2日間、距離は29日(開始式などを含む)から3日間、純飛躍と複合は27日の開始式などを経て28日にそれぞれ競技を実施。

 一方、鹿角市の花輪スキー場(今月11日〜14日)で行った第61回県中学校スキー大会の秋田北地方勢個人、チームの各優勝は表2のとおりだが、うち女子3キロフリーは東北大会で同地方勢の3連覇がかかる。前回11分26秒9で同種目10位と惜しくも入賞(8位以内)を逃した澤田羽夏(小坂3年)が、8分20秒7と県大会で大幅に前回東北のタイムを縮めて頂点に立ったことから表彰台が視野に入りそう。

 また、女子3キロクラシカルも秋田北地方勢が前回頂点に立っており、前回4位(11分29秒8)と惜しくも表彰台を逃した近藤さくら(合川3年)が県大会8分13秒2の好タイムを引っ提げて東北制覇を目指す。さらに、前回の男子5キロクラシカル6位(16分55秒5)の堀部慈生(合川3年)は県大会13分4秒9と前回東北を4分近く縮めており、表彰台が期待される。

 このほか、リレーは前回、合川が男子(4人×5キロ1時間8分29秒2)、女子(3人×3キロ34分17秒2)とも3位表彰台に立っており、県大会で男子4連覇、女子2連覇の実績を東北制覇につなげられるか注目される。     (午前零時)

(表1)東北中学校スキー大会の日程 
180126P.JPG - 166,886BYTES

(表2)県中学校スキー大会での秋田北地方勢の優勝 

〇男子5キロクラシカル=-堀部慈生(合川3年)13分4秒9

〇女子3キロクラシカル=近藤さくら(合川3年)8分13秒2

〇男子5キロフリー=畠山侑也(八幡平3年)13分5秒6

〇女子3キロフリー=澤田羽夏(小坂3年)8分20秒7

〇純飛躍(HS56メートル、k点50メートル)=川又大朗(花輪一2年)184.7点(1回目45メートル、2回目44メートル)

〇複合(前半飛躍HS56メートル、k点50メートル、後半距離5キロ)=木村航大(小坂3年)飛躍4位73.2点、距離1位13分24秒3

〇男子4人×5キロリレー=合川55分29秒5(4連覇)

〇女子3人×3キロリレー=合川26分18秒5(2連覇)