2018年1月9日付
前回超える戦績に期待

秋田北地方勢は男女計10校

県高校新人バレー26日開幕

 29年度県高校新人バレーボール競技大会(県高校体育連盟主催)は26日から3日間、秋田市のCNAアリーナ★あきたで行う。秋田北地方勢は前回、男女各2校が8強入りしただけに、今回はさらなる活躍が期待される。

 大会は男女とも4ブロックに分けてトーナメント戦を行い、その後、各ブロック1位による4校で決勝リーグ。男子は大館鳳鳴、大館国際、大館桂桜、秋田北鷹、花輪、十和田の秋田北地方勢6校を含む22校、女子は大館鳳鳴、大館桂桜、秋田北鷹、花輪の同地方勢4校を含む20校が覇を競う。上位各2校は、2月9日から3日間にわたって岩手県で行う第7回東北高校新人バレーボール選手権大会への出場権を獲得する。

 ちなみに、前回大会で秋田北地方勢は男子で大館国際と秋田北鷹がそれぞれ8強入り。うち大館国際は準々決勝で雄物川に完敗し、4強を逃した。雄物川は東北大会で4年連続5度目の頂点に立ち、東北随一の強さを誇示。また、同地方勢の女子は前回、大館桂桜と秋田北鷹がそれぞれ8強入りした。うち秋田北鷹は、準々決勝で優勝校の由利に完敗し、4強を逃した。

 26日は男女各予選トーナメント、27日は男女各残り予選トーナメントと一部決勝リーグ、最終日は男女各決勝リーグをいずれも午前9時半から行う。男女各組み合わせは次のとおり。   

180109P1.JPG - 122,171BYTES180109P2.JPG - 106,515BYTES