2017年12月25日付
秋田北鷹は40位
 
第29回女子全国高校駅伝

順位は前回より後退

 第29回女子全国高校駅伝競走大会(日本陸上競技連盟、全国高体連など主催)は24日、京都市の西京極陸上競技場を発着するコース5区間、21.0975キロで行った。2年連続2度目出場の秋田北鷹は前回と同様の選手陣で臨んだ結果、47校中40位だった。

 秋田北鷹の橋敏治監督は、2区までに流れが決まると踏み、1区に萩野真理(3年)、2区に萩野真紀(2年)の姉妹を配した。しかし、姉妹ともスピードに乗りきれず、2区の真紀は41位で3区、主将の藤田正由加(3年)につないだ。

 負傷で春以降レースに出れずにいた藤田は、今季初レースとなる今大会が高校駅伝最後なだけに、渾身の力を振り絞って41位を維持。前回と同様4区を担当にした工藤千翔(2年)は42位に後退し、5区の中嶋夏奈(2年)の踏ん張りに期待がかかった。2年連続アンカーの意地で中嶋は2人抜きを遂げ、1時間14分22秒、40位でフィニッシュ。

 北鷹は初出場の前回を超える順位を目指したが、前回の34位から後退した。優勝は1時間6分35秒で仙台育英(宮城)、2位は1時間7分41秒で長野東(長野)、3位は1時間7分46秒で前回優勝の大阪薫英女学院(大阪)。第5回、第6回と連覇を果たした仙台育英は23年ぶり3度目の制覇で、埼玉栄(埼玉)の1時間6分26秒(第8回)に次ぐ歴代2位の記録。

 男子第68回全国高校駅伝競走大会は併せて同日行い、5年連続23度目出場の秋田工は2時間9分51秒で33位だった。優勝は前回2位の佐久長聖(長野)で2時間2分44秒、2位は前回優勝の倉敷(岡山)で2時間4分11秒、3位は仙台育英で2時間4分59秒。佐久長聖は、9年ぶり2度目の頂点。 (午前零時)    前の関係記事

今大会の秋田北鷹の結果
選手名 通過順位 通過タイム 区間順位 区間タイム 距離
1区/萩野真理(3年) 39位 21分25秒 39位 21分25秒 6キロ

2区/萩野真紀(2年)

41位 35分42秒 39位 14分17秒 4.0975キロ

3区/藤田正由加(3年)

41位 46分11秒 36位 10分29秒

3キロ

4区/工藤千翔(2年) 42位 56分52秒 43位 10分41秒 3キロ

5区/中嶋夏奈(2年)

40位 1時間14分22秒 38位 17分30秒 5キロ

第27回大会の秋田北鷹の結果(参考・学年は当時)
選手名 通過順位 通過タイム 区間順位 区間タイム 距離
1区/藤田正由加(2年) 18位 20分19秒 18位 20分19秒 6キロ

2区/萩野真紀(1年)

25位 34分13秒 28位 13分54秒 4.0975キロ

3区/萩野真理(2年)

27位 44分37秒 31位 10分24秒

3キロ

4区/工藤千翔(1年) 33位 55分21秒 42位 10分44秒 3キロ

5区/中嶋夏奈(1年)

34位 1時間12分26秒 28位 17分05秒 5キロ