2017年12月12日付
250人以下にわずかな可能性

県内の自殺者数

11月末現在で233人

 今年の県内自殺者数は、年計で統計史上初めて250人以下となる可能性がわずかながら出てきた。警察庁が11日公表した速報値による11月の同自殺者数は18人。これにより、11月末現在の年累計は233人を数える。

 1-11月の県内自殺者数推移は下表のとおりだが、うち11月は前年同月比6人減の18人で、2カ月連続で減少した。この結果、累計は前年同期比12人、4.9%減の233人に。

 統計手法が異なるため警察庁と厚生労働省(人口動態統計)が明らかにする自殺者数には開きがあるが、県警のまとめによる年計自殺者数は25年に統計史上初めて300人を下回り、297人となった。以降、26年に277人、27年に278人、28年に263人で推移。

 一方、今年は今月中の自殺者数が17人以下なら年計で同史上初の250人以下となる計算だ。ちなみに、過去3年間の12月の自殺者数は26年が17人、27年が23人、28年が18人。

 今年は年計で前年を10人以上下回っているとはいえ、17人未満の月は2月(14人)だけという状況などからすれば、同史上初の年計250人以下の可能性は低いとみられる。

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

累計

29年

22 14 24 20 30 21 23 21 21 19 18 233

前年比

3 -10 -1 -3 12 4 -3 0 0 -8 -6 -12