2017年12月5日付
2カ月連続上昇

9月の県鉱工業生産指数

第3四半期、3期ぶり上昇

 県調査統計課は5日までに、9月の県鉱工業生産指数をまとめた。同月の季節調整済指数(22年=100)は、前月比0.1%増の98.9。横ばいに近い水準ながら、2カ月連続で上昇した。

 同指数は、はん用・生産用・業務用機械工業や窯業・土石製品工業、原油・天然ガス鉱業の3業種で上昇、その他工業、輸送機械工業、非鉄金属工業など10業種で低下し、金属製品工業、パルプ・紙・紙加工品工業の2業種で横ばい。

 総合指数は2カ月ぶりに上昇したものの、4月以降の過去半年間では6月を除いて軒並み100を割り込んだ。全国平均は102.5で前月に比べて1%、東北平均は100.8で同0.6%それぞれ低下。

 また、今年第3四半期(7月〜9月)の県鉱工業生産指数は前期比0.6%増の98.0で、3期ぶりに上昇した。全国は102.5で同0.4%上昇した一方、東北は100.6で同0.1%低下。

171205AP.JPG - 100,830BYTES