2017年12月2日付
"新記録"にわずかな可能性

県内の交通事故死者数

11月末現在で24人

 今年の県内交通事故死者数は、統計を開始した昭和24年以降最少に抑えられる可能性がわずかながら出てきた。11月末現在の同死者数は24人で、前年同期に比べてほぼ半減。今月中の同死者数が、2人以内なら"新記録"を達成する計算だ。

 県警が11月末現在で作成した全国と東北各県の交通事故死者数は下表のとおりだが、うち全国計は11月に悪化したものの、累計で前年同期比172人、4.9%減の3,312人と改善傾向。統計を開始した昭和21年以降最も少ないのは同24年の3,790人で、4,000人を下回ったのは同23年の3,848人、平成28年の3,904人の3年間だけ。今年は、昭和24年の記録を更新する可能性がある。

 また、本県の11月末現在の同死者数は前年同期比23人、48.9%減の24人。前年同期比減少率は全国ベスト、同減少数は長野の46人、千葉の29人、福島の24人に続いて4位につけた。このほか、死者数は島根の15人、鳥取の23人に続いて全国ベスト3にランク。

 ちなみに、県内の年計死者数が統計を開始した昭和24年以降最も少なかったのは同24年、同25年、同27年の各27人。記録更新となる26人にあと2人と、過去3年間の12月死者数推移(26年3人、27年9人、28年7人)などからすれば可能性はかなり低いものの、官民一体の取り組みで達成が望まれる。


11月30日までの
全国の死者数
3,312人
30日の死者数
3人
昨年同日の死者数
19人
県名
区分
東   北
全 国
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
東北計


今  年 37 55 43 24 36 59 254 3,312
前  年 47 66 63 47 27 83 333 3,484
増  減 -10 -11 -20 -23 9 -24 -79 -172
増減率(%) -21.3 -16.7 -31.7 -48.9 33.3 -28.9 -23.7 -4.9


今  年 2 7 9 4 3 5 30 372
前  年 7 8 3 6 2 5 31 350
増  減 -5 -1 6 -2 1 0 -1 22
30日の死者数 0 0 0 1 0 0 1 3
年間死者数の全国順位(多い方) 34 26 30 45 36 24