2017年11月29日付
県内は302社

来年の周年企業

21社が100周年迎える

 県内で来年50周年、100周年、200周年のいずれかを迎える企業は300社余を数える。東京商工リサーチが27日公表した調査結果で示されたもの。県内は今年より約50社多く、うち100周年企業は20社を超える。

 全国では来年、創業50周年企業が2万9,676社、100周年が1.760社、200周年が50社、300周年が8社を数え、これらをあわせた周年企業は3万1,494社で、今年に比べて6,824社、27.7%の大幅増に。

  同社が作成した都道府県別周年企業数のうち東北6県の状況は下表のとおりだが、この中で本県は50周年が今年に比べて46社多い280社、100周年が同4社多い21社のほか、今年皆無だった200周年が1社。合計で同51社、20.3%増の302社と、全国平均ほどではないものの20%以上の増加率にのぼる。

 全国で最も長い歴史を誇る周年企業は718年に創業した石川県小松市の旅館、善吾楼で、1,300周年を迎える。次いで長いのは1318年に創業した群馬県高崎市の産業機械販売会社、小保方鋼機の700周年。

 大企業では、パナソニックの100周年などがある。100年前の1918年(大正7年)は第1次世界大戦が終結。米価の急上昇で「米騒動」も起きるなど波乱万丈の年だったが、「大戦景気」を背景に重化学工業が発展し、製造業が多数創業した。  (午前零時)

171129P1.JPG - 10,128BYTES
171129P2.JPG - 25,287BYTES