2017年11月25日付
県内の戌年法人は990社

全国8番目に少なく

東北最多は宮城の2,569社

 来年は戌年。これを前に東京商工リサーチが24日公表した調査結果によると、県内の法人のうち戌年の設立法人は990社で、東北で最も少なく、全国でも少ない方から8番目だった。

 全国の法人270万社中、戌年の設立法人は17万155社で、十二支に占める割合は6.2%にとどまり最も低比率。地区別の最多は関東の7万3,582社で、全体の43.2%を占めた。関東の約半数(49.3%)が東京に集中。一方、東北(6県)は9,669社(構成比5.68%)で、全国9地区中、多い方からも少ない方からも5番目だった。

 47都道府県中最多は東京の3万6,341社(構成比21.3%)で、以下、大阪の1万2,754社(同7.4%)、神奈川の1万1,945社(同7%)、愛知の9,657社(同5.6%)、埼玉の8,225社(同4.8%)などが続く。

 全国最少は鳥取の627社(同0.3%)で、これに佐賀の820社(同0.48%)、和歌山の849社(同0.49%)、島根の854社(同0.5%)、奈良の899社(同0.52%)、徳島、高知の各920社(同0.54%)と続き、本県は990社(同0.58%)で8番目(全国40位)に少ない。

 本県以外の東北は、多い順に宮城が2,569社(同1.5%)で全国15位、福島が2,283社(同1.34%)で21位、青森が1,326社(同0.77%)で34位、山形が1,300社(同0.76%)で35位、岩手が1,201社(同0.71%)で36位。