2017年11月24日付
降雪量は「平年並み」

本県含む東北日本海側

12月以降の3カ月予報

 仙台管区気象台は24日、冬本番を迎える12月以降の東北の3カ月予報を発表した。予報のポイントとして同気象台は〇向こう3カ月の気温、本県を含む東北日本海側の降雪量とも、ほぼ平年並み〇低気圧の影響を受けやすく、同太平洋側の向こう3カ月の降水量は平年並みか多い見込み、の2点を挙げた。

 各月のうち12月は、東北日本海側で平年と同様に曇りや雪または雨の日が多く、同太平洋側で平年と同様に晴れの日が多い見込み。続く1月、2月はともに同じ予報。「低気圧の影響を受けやすい」とした上で、同日本海側は平年と同様に曇りや雪の日が多く、同太平洋側は平年に比べて晴れの日が少ない見込み、とした。

 本格的な冬の到来に伴って気になる東北日本海側の降雪量は、同3カ月間をとおして「平年並み」となる確率が40%、「少ない」と「多い」が各30%。これからすれば今冬は「平年並み」となりそうながら、「平年並み」が"大外れ"の年も過去には少なくないだけに、「大雪を覚悟していれば間違いない」と冷めた見方も。

 同日発表した今月1日から20日までの天候経過によると、この期間は高気圧と低気圧が交互に通過し、天気が数日の周期で変わった。降水量は、平年を下回った。日照時間は東北北部で平年を下回り、同南部で上回った。降雪量は、平年を上回った。

 前線通過の影響で11日は、東北日本海側の山沿いを中心に大雨に見舞われた。同影響で18日は、同日本海側を中心に大雨の所も。19日は冬型の気圧配置が強まって強い寒気が流れ込んだため、同日本海側の山沿いを中心に大雪の所があった。   (午後3時)