2017年11月3日付
秋田北地方は8氏

政府、秋の叙勲受章者発表

県内在住者は74人

 政府は3日、29年秋の叙勲(同日発令)の受章者を発表した。県内在住者は74人で、うち秋田北地方は元北秋田市議会議員の中嶋力蔵氏(71)=が旭日双光章を受章するのをはじめ、8人が選ばれた。

 叙勲は国や公共に対して功労のある人に広く与えられるもので、春秋叙勲、高齢者同、死亡同、危険業務従事者同などがある。今回受章する県内在住者は旭日章18人、瑞宝章56人の計74人で、本県出身の県外在住者11人を含めて本県関係は85人を数える。

 秋田北地方在住者は北秋田市の中嶋氏が旭日双光章、同市の畠山好子氏(71)が同単光章、大館市の佐々木靜一郎氏(83)、佐藤俊悦氏(78)、鹿角市の虎渡進氏(78)が各瑞宝双光章、大館市の岩渕鐡夫氏(73)、武田重悦氏(72)、北秋田市の柴田一夫氏(71)がそれぞれ同単光章を受章する。

 県内在住者の秋の叙勲、同褒章危険業務従事者叙勲うち県が推薦した地方自治関係、厚生労働同、消防同については、6日午後2時半から県正庁で佐竹知事から伝達される予定。そのほかの受章者は、関係各省庁などから伝達される。秋田北地方在住受章者の内訳は次のとおり。(午前5時)

<旭日双光>

●中嶋力蔵氏(71)=北秋田市脇神字前谷地、元北秋田市議会議員、地方自治功労。平成4年から鷹巣町議会議員として、同17年から北秋田市議会議員として地方自治の発展に尽力。

<旭日単>

●畠山好子氏(71)=北秋田市花園町、県美容生活衛生同業組合副理事長、生活衛生功労。平成4年から同組合理事、同11年から同副理事長として本県美容業の発展と生活衛生の向上に尽力。

<瑞宝双光章>

●佐々木靜一郎氏(83)=大館市字桂城、元学校医、学校保健功労。昭和45年から学校医として地域での学校保健衛生の向上、充実、発展に多大な貢献。

●佐藤俊悦氏(78)=大館市比内町扇田字上川端、元比内町収入役、地方自治功労。平成7年から同町収入役として地方自治の発展に尽力。

●虎渡進氏(78)=鹿角市十和田末広字沖ノ平、元公立小校長、教育功労。昭和38年奉職以来、鹿角市中滝小、同市花輪小の各校長を歴任し、長きにわたって県教育の振興・発展に貢献。

<瑞宝単光章>

●岩渕鐡夫氏(73)=大館市長坂字中岱、元大館市田代消防団分団長、消防功労。昭和43年から、消防団員として消防の発展に尽力。

●柴田一夫氏(71)=北秋田市阿仁前田字下川端、元北秋田市消防団副分団長、消防功労。昭和43年から、消防団員として消防の発展に尽力。

●武田重悦氏(72)=大館市杉沢字屋布、元大館市大館消防団分団長、消防功労。昭和41年から、消防団員として消防の発展に尽力。