2017年10月11日付
天皇杯、皇后杯とも20位
 
えひめ国体本県総合順位
 
東京がダブル全国制覇

 9月30日から愛媛県を主会場に行った第72回国民体育大会「笑顔つなぐえひめ国体」は10日、全日程を終え閉幕した。本県の総合順位は天皇杯(男女総合)、皇后杯(女子同)とも47都道府県中20位。今年も入賞(8位以内)には届かなかったものの、前回岩手国体から大きく前進した。

 天皇杯、皇后杯の各順位は下表のとおりだが、うち天皇杯は東京が2535点を獲得し、2年連続15度目の頂点に立った。会場県の愛媛は東京に139.5点差の2位と健闘。また、本県は前回を171.5点上回る989点で、前回の37位から20位に順位を上げた。

 皇后杯も、東京が1282点を獲得して天皇杯と並んで頂点に立った。5年連続22度目の総合優勝。2位は天皇杯と同様地元愛媛で、東京に86点差の1196点を獲得。本県は前回を168点上回る582点で、前回の36位から20位にステップアップ。

 秋田北地方勢は、陸上競技成年男子10キロ競歩で小林快(24)=ビックカメラ、大館東中-秋田工高-早大出=が準優勝同少年女子A400メートル障害で関本萌香(大館鳳鳴3年)が3位表彰台に立った。また、秋田北地方勢2選手を含むフェンシング成年男子フルーレは3位表彰台同地方勢3選手からなる同少年男子フルーレは6位入賞。 (午前零時)

天皇杯 (成績順)
順位 都道府県名 得点
1位 東京 2535
2位 愛媛 2395.5
3位 埼玉 1787.5
4位 大阪 1784
5位 神奈川 1674.5
6位 愛知 1643.5
7位 福井 1588.5
8位 千葉 1531.5
9位 福岡 1415.5
10位 北海道 1287.5
11位 京都 1278.5
12位 兵庫 1237.5
13位 岐阜 1151
14位 岩手 1125
15位 広島 1123.5
16位 岡山 1073.5
17位 静岡 1071.5
18位 長野 1057.5
19位 奈良 990.5
20位 秋田 989
21位 栃木 964
22位 群馬 950
23位 茨城 948
24位 長崎 940
25位 大分 936.5
26位 和歌山 934.5
27位 三重 909
28位 石川 906.5
29位 熊本 903
30位 香川 888
31位 山形 873.5
32位 新潟 871
33位 鹿児島 864.5
34位 宮城 842
35位 青森 827.5
36位 富山 821
37位 山梨 812.5
38位 島根 806
39位 滋賀 802.5
40位 山口 797.5
41位 福島 768
42位 鳥取 751.5
43位 佐賀 730.5
44位 宮崎 702
45位 沖縄 670
46位 徳島 613.5
47位 高知 552.5
皇后杯 (成績順)
順位 都道府県名 得点
1位 東京 1282
2位 愛媛 1196
3位 大阪 985
4位 愛知 925
5位 埼玉 915.5
6位 千葉 842.5
7位 神奈川 835
8位 福井 825
9位 兵庫 823.5
10位 福岡 767.5
11位 京都 745.5
12位 岩手 675.5
13位 岐阜 664.5
14位 岡山 628.5
15位 北海道 628
16位 広島 615.5
17位 群馬 612.5
18位 静岡 608
19位 長野 606
20位 秋田 582
21位 茨城 558
22位 長崎 553.5
23位 鹿児島 543
24位 熊本 542
25位 山形 541.5
26位 新潟 519
26位 山口 519
28位 和歌山 509
29位 奈良 506.5
30位 石川 500.5
30位 鳥取 500.5
32位 富山 500
33位 三重 495
34位 山梨 488.5
35位 島根 488
36位 香川 464.5
37位 宮城 462.5
38位 佐賀 462
39位 栃木 461
40位 福島 455
41位 大分 449
42位 滋賀 442
43位 沖縄 441.5
44位 徳島 416.5
45位 宮崎 403
46位 青森 395.5
47位 高知 382.5