2017年10月6日付/あきた北新聞社
2017年10月6日付
7カ月連続で増加

9月の県内新車登録・届出台数

増加率は上半期最小

  県内の新車新規登録・届出台数は、7カ月連続で前年を上回った。国土交通省東北運輸局が5日公表した9月の速報値で示されたもの。軽自動車と小型乗用車を除いて軒並み落ち込んだのを背景に、前年比増加率は本年度上半期(4-9月)の中で最も小幅な水準にとどまった。

 同局が作成した本年度上半期の県内登録・届出台数推移は下表のとおりだが、うち9月は前年同月比101台、2.2%増の4,768台。同上半期の中では最多ながらも、前年比増加率は7月の4.3%を下回って最小にとどまった。

 全体の半数近くを占める軽自動車が同9.1%増、小型自動車が同8.7%増を確保したのが、全体数の増加を何とか支えた形だ。普通乗用車は、2カ月ぶりに減少した。

 東北全体の9月実績は同804台、2.2%増の3万8,155台。11カ月連続で増加したものの、増加率は同上半期中最小だった。また、全国は同1万8,989台、3.9%増の50万3,091台。

171006AP1.JPG - 19,586BYTES
171006AP2.JPG - 110,741BYTES