2017年10月5日付
森吉山ダム管理移行5周年で
171005AP.JPG - 27,890BYTES
みちのくダム湖サミットのPRチラシ
みちのくダム湖サミット

北秋田市を会場に12日

 第9回みちのくダム湖サミットin森吉山が北秋田市の市民ふれあいプラザ「コムコム」で12日に開かれるにあたり、事務局の同市建設課は多数の来場を呼びかけている。

 東北6県の国直轄管理ダムの活力ある水源地域の創出に向け、観光・学習など交流の場として積極的に利活用を推進するための意見交換や情報交換しようと、東北ダム事業促進連絡協議会の管理研究部会が主催。今回は、森吉山ダムが管理移行から5周年の節目を迎えるのに合わせ、北秋田市を会場とした。

 基調講演、活動報告、パネルディスカッションの3部構成とする今サミットの内容は下表のとおりだが、うち基調講演は国土交通省水管理・国土保全局河川環境課の森川幹夫課長が最近の河川環境行政について論じる。また、パネルディスカッションでは地元から津谷永光市長が出席。

 会場は「コムコム」の多目的ホール。「今後さらに活力ある水源地域を創出するための情報を共有する絶好の機会となる」として、事務局は多くの来場を望んでいる。入場は無料。 (午前零時)

171005AP2.JPG - 111,211BYTES