2017年9月21日付
秋田北地方勢は6校
170921P.JPG - 112,475BYTES
全国高校サッカー県大会のポスター
全国高校サッカー県大会

29校出場、30日開幕

 第96回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会など主催)は、30日に開幕する。秋田北地方勢は前回、出場6校中3校が3回戦で敗退しただけに、今大会は8強入り以上の活躍が期待される。 

 12月29日-来年1月8日の日程でさいたま市の埼玉スタジアム2002で繰り広げる第96回全国高等学校サッカー選手権大会への出場をかけた県予選には、前回より2校少ない29校が出場。うち秋田北地方勢は前回3回戦進出の大館鳳鳴、大館桂桜、大館国際のほか、花輪、小坂、秋田北鷹の6校が上位を目指す。

 ちなみに、前回3回戦に駒を進めた同地方勢3校のうち大館鳳鳴は、全国最多42回の全国大会出場を誇り前回全国8強の秋田商に0-8で完敗。大館桂桜は、決勝で秋田商に2-3で競り負けて惜しくも全国出場を逃した西目に0-9で完敗。さらに、大館桂桜は西仙北に1-2で惜しくも敗れ、ともに8強入りを逃した。

 秋田北地方勢の初戦は下表のとおりだが、うち大館鳳鳴と花輪は同地方勢同士の対戦。30日に1回戦、10月1日に2回戦、同7日に3回戦、同8日に準々決勝、同26日に準決勝、そして同28日午後1時5分から秋田市の八橋陸上競技場で決勝キックオフの予定だ。30日午前9時から県立中央公園で行う開会式では、大館鳳鳴の石垣直人主将(2年)が選手宣誓。      (午前零時)

〇1回戦

大館国際-秋田高専(30日午前10時半から県立中央公園球技場A)

秋田北鷹-能代松陽(30日午後零時半から県立中央公園球技場B)

大館桂桜-横手清陵(30日午後2時半から県立中央公園球技場B)

〇2回戦

大館鳳鳴-花輪(10月1日午前11時から県立中央公園広場C)

小坂-大館桂桜と横手清陵の勝者(10月1日午後1時半から県立中央公園広場C)

続報:第96回全国高校サッカー選手権県大会で秋田北地方勢は、3回戦までに全6校が姿を消した。同地方勢の結果は次のとおり。

<1回戦>

大館国際3-1秋田高専、秋田北鷹1-1能代松陽(PK3-1で北鷹が2回戦進出)、大館桂桜2-2横手清陵(PK2-4で桂桜が敗退)

<2回戦>

大館国際5-0仁賀保、小坂0-13横手清陵、大館鳳鳴8-1花輪、秋田北鷹1-1矢島(PK5-3で北鷹が3回戦進出)

<3回戦>

大館国際1-6西目、大館鳳鳴0-7新屋、秋田北鷹0-17秋田工