2017年9月16日付
大館桂桜は初戦敗退
 
秋季高校野球県大会開幕
 
18日に秋田北地方勢2校

 第69回秋季東北地区高校野球県大会は16日、横手市のグリーンスタジアムよこてと平鹿球場で開幕し、1回戦4試合を行った。秋田北地方勢は、県北地区第5代表の大館桂桜が県南同の秋田修英に3-10、8回コールドゲームで敗れ、初戦敗退した。 

 秋季県大会には、3地区の大会を勝ち上がった19校と第99回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)への出場を果たして地区大会を免除された明桜の、計20校が出場。同免除は今年初めて行ったもので、これにより出場校は従来より1校多い。上位3校が、10月13日-18日に福島県で行う東北大会への出場権を獲得する。秋田北地方勢は、県北地区第2代表の大館鳳鳴、同第4代表の大館国際、そして初戦で姿を消した大館桂桜の3校が全県に駒を進めた。

  2回に3点先制された大館桂桜は3、4、6回に各1点返して試合を振り出しに戻したものの、6、7回にそれぞれ1点追加され、再び引き離された。さらに、終盤8回に大量5点を奪われ、3-10で秋田修英に敗北。 桂桜は、7月の第99回全国高校野球選手権秋田大会に続くコールドゲームでの初戦敗退。

 前年8強の大館鳳鳴は18日午前10時から中央地区第3代表の金足農とグリーンスタジアムよこてで、大館国際は同日午後零時20分から県南地区第3代表の湯沢翔北と平鹿球場でそれぞれ初戦(2回戦)に臨む予定。ただ、同日は台風18号が本県に最接近する可能性があるため、順延もあり得そう。 (午後3時5分)

続報:台風18号の影響で、第69回秋季東北地区高校野球県大会の18日の試合は19日に順延と決まった。これにより、秋田北地方関係は大館鳳鳴-金足農が19日午前11時20分からグリーンスタジアムよこて、大館国際-湯沢翔北が同日午後零時20分から平鹿球場でそれぞれ行う。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大館桂桜 0 0 1 1 0 1 0 0 3
秋田修英 0 3 0 0 0 1 1 10
1回戦・グリーンスタジアムよこて・8回コールドゲーム