2017年9月7日付
秋空にバチ音
170907AP.JPG - 69,524BYTES
北秋田市たかのす太鼓まつりのPRポスター
北秋田市たかのす太鼓まつり
 
10日に大太鼓の館・野外ステージ

  北秋田市の秋を彩る「たかのす太鼓まつり」は、10日午前11時から同市綴子の大太鼓の館・野外ステージで開かれる。ポスターなどをとおし、実行委員会は多くの来場を呼びかけている。

 同イベントは、地元の太鼓演奏団体や市観光物産協会などで構成する同まつり実行委員会が毎年9月に開いているもので、今年で15回目を数える。

 今年の出演団体は下表のとおりだが、うち鎌倉時代の750年前から続くとされる綴子大太鼓は上町、下町あわせて4台登場し、「世界一の大太鼓」にふさわしく勇壮なバチ音を響かせる。また、県外からは太鼓祭日本一決定戦で25年、27年にそれぞれ優勝を飾った創作和太鼓集団「打鼓音」(神奈川)や小馬崎達也&パンゲア(山梨)などが出演。

 「地元太鼓チームや舞踊チームなどが、次々と自慢の音色や舞踊を勇壮に披露する。音色と踊りの饗宴を楽しんで」と主催団体はPR。当日は地元の名物を味わうことができる出店も予定しているほか、JR鷹巣駅前と会場を移動する送迎バスも運行する。小雨決行、大雨の場合は大太鼓の館館内で。

綴子上町大太鼓保存会、綴子下町大太鼓保存会、たかのすふるさと太鼓、合川太鼓保存会、上小阿仁和太鼓保存会鼓響、鷹巣ばやし普及会、森吉山麓火まつり太鼓、婦団連ふるさと子ども太鼓、北秋田祇園太鼓、北秋田ドラムサークル、しゃろーむ太鼓、綴子婦人会
鷹巣すずめ踊り、仙臺すずめ踊り伊達の舞2017(宮城)、小馬崎達也&パンゲア(山梨県)、
打鼓音(神奈川県)