2017年9月4日付
8月中に200件超え

今年の県内出火件数

横手市でアパート火災、5人死亡

 今年の県内出火件数は、8月中に200件を超えた。県総合防災課が4日公表した同月の速報値で示されたもの。同月は、1-8月累計の3分の1近くにのぼる5人が死亡した。

 同課が作成した8月と1-8月の速報値は下表のとおりだが、累計出火件数は202件で、同月中に200件を突破。それでも、前年同期との比較では37件、15.5%減少するなど改善傾向にある。うち8月は前年同月比12件、34.3%減の23件と目立った減少ぶりながら、3カ月ぶりに20件を超えた。

 一方、8月の死者数は前年同月の1人から5人に増え、2月、4月の各3人を抜いて最悪に。これは横手市のアパート「かねや南町ハイツ」から22日に出火、全焼し、5人が死亡したことによるもの。

 この結果、1-8月の累計死者数は前年同期比2人増の17人にのぼった。このほか、同月の負傷者数は同15人増の17人と9倍近くに拡大し、累計でも同11人、26.2%増の53人と悪化傾向にある。

170904P.JPG - 111,416BYTES