2017年8月21日付
黒澤が100b準決勝へ

全国中学校体育大会陸上

秋田北地方勢、3選手敗退

 九州各県を競技会場に行っている全国中学校体育大会で秋田北地方勢は21日、陸上競技に出場した。同地方勢4選手中、黒澤大希(花輪一3年)が男子100メートルで22日の準決勝進出を決めた。

 熊本市の県民総合運動公園競技場を会場とする陸上(第44回全日本中学校陸上競技選手権大会)は21日、秋田北地方勢男子が100メートルに黒澤、110メートル障害に佐藤冬馬(八幡平3年)、同女子が100メートルに成田千琹(北陽2年)、100メートル障害に二田結希(大館一3年)がそれぞれ出場。

 全13組の予選からなる男子100メートルで黒澤は7組(9人)から出走し、11秒22で同組の3位につけて準決勝に駒を進めた。準決勝は22日午後1時から行う予定で、黒澤は全3組のうち最後の第3組(8人)から出走。黒澤の予選記録は同組の中で6位、準決勝に進む24選手中17位と、決勝進出の難易度は高い。

 全12組の予選からなる男子110メートル障害で佐藤は4組(8人)から出走し、同組4位の15秒08で予選敗退した。全11組の予選からなる女子100メートルで成田は、8組(9人)から出走。12秒73で同組の2位につけたものの、1着以外のタイム上位13人に入ることができず、予選敗退した。全13組の予選からなる女子100メートル障害で二田は5組(9人)から出走し、同組6位の14秒72で予選敗退。 (午後4時)   前の記事

続報22日午後2時50分:22日の男子100メートル準決勝で黒澤大希(花輪一3年)は第3組(8人)から出走し、11秒24で同組の最下位だった。