2017年8月12日付
170812P.JPG - 81,879BYTES
大鮎の里 ふるさとまつりのPRポスター
手づくりイベントずらり

大鮎の里 ふるさとまつり

19日に大館市田代地区で

 52年目を迎える大館市の「大鮎の里 ふるさとまつり」は、19日に同市田代の外川原地区米代川河川緑地で開かれる。今年もさまざまな手づくりイベントを企画し、実行委員会は多数の来場を望んでいる。

 大館市田代地域で旧町時代から脈々と続けられてきた同まつりは毎年8月、地域の活性化や同地域のPRなどを目的に大館北秋商工会、同青年部、女性部からなる実行委員会が主催。「大鮎の里」で市内外に知られる同地域の去りゆく夏を惜しむ風物詩として、すっかり定着している。

 今回のイベント内容は下表のとおりだが、大鮎の1000匹焼きや盆踊り、花火の打ち上げなどの恒例行事に加え、昨年、一昨年に続いて秋田市の竿燈を招致。今年も「大若2本」がお目見えし、華麗な技を披露する。鮎焼きをはじめとする出店もまつりを盛り上げる。

開会 午後3時開始
大鮎の1000匹焼き
こども餅まき 同3時〜3時20分
マスのつかみ取り 同3時半〜4時
夕涼み音楽演奏(田代中吹奏楽部) 同4時10分〜4時40分
田っ中ソーラン 同5時〜5時20分
大会会長あいさつ・来賓祝辞 同5時半〜5時40分
祭姫會 よさこい演舞 同5時50分〜6時10分
山田獅子踊り、観音寺灯篭流しと稚児行列 同6時20分開始
白髭長寿餅まき 同7時〜7時10分
盆踊り(自由参加) 同7時10分〜7時25分
盆踊り表彰式・抽選会 同7時半開始
秋田竿燈 同7時50分同
夏の夜空の花火打上 同8時45分同