2017年8月11日付
3カ月ぶりに減少

県内の自殺者数

7月は前年比3人減の23人

 先月の県内自殺者数は23人で、前年比では3カ月ぶりに減少した。県警がまとめた7月の自殺統計で示されたもの。今年の累計は前年同期比で依然増加したままながら、増加幅はいくぶん縮小した。

 県警が作成した1-7月の県内自殺者数推移は下表のとおりだが、うち7月は前年同月比3人減の23人で、4月の3人減以来3カ月ぶりに減少。

 この結果、1-7月の累計は154人となり、前年同期比では上半期(1-6月)の5人から2人に増加数が縮小した。男女別内訳は、男が同14人増の108人、女が同12人減の46人で、女が改善傾向にある半面、男が悪化。

 警察庁の速報値によると、7月に東北で最も少なかったのは山形の14人で、これに青森の20人、岩手の21人、本県の23人、福島の26人、宮城の38人と続いた。

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

累計

29年

22 14 24 20 30 21 23 154

前年同月比

3 -10 -1 -3 12 4 -3 2