2017年8月7日付
7月観測史上3番目の高さ

大館市、先月の平均気温

30度以上、7月観測2番目に多く

 気象庁がまとめた大館市の7月気象統計によると、月平均気温は同月の観測史上3番目に高く、30度以上の日数は同史上2番目に多かった。また、高温の日が多かったのを反映し、月間日照時間は同3番目に多い。

 月平均気温は平年を2.2度上回る24.1度で、昭和53年の24.9度、平成22年の24.2度に続いて7月の観測史上3番目に高かった。10日には同史上9番目タイに高い35.2度、翌11日には同5番目タイの35.5度と、2日連続で猛暑日に。同2日間を含む30日以上の日は月の約半数の15日を数え、昭和53年の19日間に次いで同史上2番目に多かった。

 こうした高温ぶりを反映し、月間日照時間は平年を29.4時間上回る173.4時間にのぼり、平成元年の195.8時間、26年の177.9時間に続いて3番目に多い。ちなみに、27年は同9番目に多い155.1時間、28年は同4番目に多い170.9時間と、26年以降4年連続で同史上10位以内に入った。

 このほか、月降水量は平年を20.1ミリ上回る235.5ミリで、月全体が高温傾向を強めたわりには月降水量は平年をいくぶん上回った。うち最も多かったのは16日の79.5ミリで、以下、3日の61ミリ、大仙市をはじめ県内に大きな被害が出た22日の58ミリなどが続いた。

今年を含む21年以降の秋田北地方主要3地点(大館市、北秋田市鷹巣、鹿角市)の7月気象統計

平均気温 左から今年、28年、27年、26年、25年、24年、23年、22年、21年 ()は平年

日照時間 左から今年、28年、27年、26年、25年、24年、23年、22年、21年 ()は平年 降水量 左から今年、28年、27年、26年、25年、24年、23年、22年、21年 ()は平年
大館 24.1度/22.4度/23.2度/23.4度/22.6度/22.8度/24.0度/24.2度/21.8度(21.9度) 173.4時間/170.9時間/155.1時間/177.9時間/91.4時間/167.3時間/162.9時間/98.7時間/89.5時間(144.0時間)

235.5ミリ/160.5ミリ/201.0ミリ/227.0ミリ/403.2ミリ/222.0ミリ/124.0ミリ/320.5ミリ/473.5ミリ(215.4ミリ)

鷹巣 22.3度/23.0度/23.4度/22.6度/22.6度/23.8度/24.0度/21.7度(22.1度) 178.3時間/165.5時間/167.2時間/98.1時間/171.2時間/186.2時間/104.4時間/90.3時間(153.1時間)

119.0ミリ/189.5ミリ/227.5ミリ/362.0ミリ/210.0ミリ/124.5ミリ/300.0ミリ/461.0ミリ(216.2ミリ)

鹿角 21.3度/22.2度/22.3度/21.7度/22.1度/23.1度/23.4度/21.3度(21.5度) 185.3時間/161.0時間/186.6時間/102.2時間/175.4時間/153.5時間/105.6時間/100.1時間(154.2時間)

117.0ミリ/202.5ミリ/149.5ミリ/374.0ミリ/222.0ミリ/91ミリ/397.5ミリ/361.0ミリ(186.8ミリ)