2017年8月3日付
松渕は3位表彰台

南東北インターハイ

フェンシング男子フルーレ

 本年度全国高校総体(南東北インターハイ)は2日、フェンシング男子フルーレで秋田北鷹の松渕真平(3年)が3位表彰台に立った。

 岩手県気仙沼市の市総合体育館で1日に開幕したフェンシングで秋田北地方勢は、男子フルーレで初日に予選トーナメント3回戦進出を決めた松渕が、2日の同3回戦で山下燎哉(長崎・長崎工)を15-7で下し、決勝トーナメント1回戦に駒を進めて8強に名乗りを上げた。

 同1回戦で松渕は海老原樹(埼玉・埼玉栄)を15-9で退け、準決勝に進出。しかし、準決勝は藤倉類(神奈川・法政二)に9-15で敗れ、松渕は3・4位決定戦にまわった。

 同決定戦で松渕は川村京太(東京・東亜学園)を15-7で下し、3位表彰台をものにした。準決勝で松渕を破った藤倉は、決勝で上野優斗(大分・別府翔青)に14-15の僅差で敗れ、準優勝。

 また、2日はフェンシングのエペとサーブルも始まった。秋田北地方勢は、男子エペで秋田北鷹の佐藤武揚(2年)が予選リーグから勝ち上がって予選トーナメント1回戦に進出し、名倉京佑(岐阜・大垣南)に15-13で競り勝ち、3日の同2回戦に駒を進めた。

 さらに、サーブルは成田航也(2年)が予選トーナメント1回戦に進出し、中村冠太(埼玉・立教新座)に15-14で競り勝ち、同2回戦進出を決めた。  (午前零時)    前の記事

3日付続報:本年度全国高校総体(南東北インターハイ)のフェンシング男子は3日、秋田北鷹勢はエペで佐藤武揚(2年)、サーブルで成田航也(同)が、ともに決勝トーナメント1回戦で敗退した。佐藤は7位、成田は8位。また、同女子サーブルは田ア愛(3年)が4位に食い込んだ。秋田北地方勢以外の県勢は、成田琉夏(聖霊2年)が女子エペで見事連覇を果たした。同日行った学校対抗1回戦で秋田北鷹男子は、検見川(千葉)を5-1で破り、4日の2回戦進出を決めた。2回戦で北鷹は、長崎工と対戦する。

3日付続報:弓道男子団体は3日、秋田北地方勢は大館桂桜が決勝トーナメント1回戦で塩尻志学館(長野)を16-14、同2回戦で倉敷工(岡山)を14-11でそれぞれ破り、4日の準々決勝(8強)に駒を進めた。準々決勝は、祐誠(福岡)と対戦する。